歯科治療で歯茎にもプラスの効果が得られると歯の健康増進がより高まります!

クリーニングは歯茎に影響を与えるのか

ホワイトニングは歯茎にプラスの効果が出るのか?

歯茎の腫れや出血などの症状が出る時があるかもしれません。最初は少しの違和感のレベルで済むかもしれませんが、放置をすれば歯肉炎や歯周病となり、大きな腫れや痛みが発生しやすくなります。

細菌や代謝物の塊である歯垢も、毎日の飲食などをするうえで蓄積されます。唾液の成分の一種として反応を行い、歯石となります。硬く歯の表面や隙間などに付着をしている状態で、こちらも歯肉炎や歯周病を起こりやすくします。また歯石の状態が悪いと目立ちますので、人との会話の際に良い影響は与えないでしょう。

日頃の生活の中で睡眠不足や不規則な生活などで疲労が蓄積される場合があります。それに伴い歯茎の腫れや痛みが出る時があります。免疫力が落ちている状態であれば歯茎の痛みだけでなく、歯の病気が進行する可能性も増します。できるだけ早めに生活リズムを見直したうえで、適切な処置をとりましょう。なお、痛みが増すときは歯医者へ通院してください。

その他、歯茎のできものの一種であるフィステルの症状が出ている場合は注意が必要です。なぜなら歯茎の先端で起きている炎症の根尖性歯周炎が原因となり、膿が溜まり白い膨らみとして出ている状態が疑われます。特に小さいものだと大したことではないと考える人はいるかもしれませんが、歯の病気が神経まで達している可能性があるので、早めに歯科医の診察を受けるようにしましょう。

歯の汚れ蓄積や生活習慣の乱れなども、歯茎に悪い影響を及ぼします。自宅でのセルフケアも大切ですが、よりリスクを下げるためには歯科医による検査や治療も欠かせません。

歯茎の病気を放置すれば歯の健康でプラスにならないので注意

歯の着色汚れの除去や美容目的で歯のホワイトニングをする人はいます。歯医者でも可能ですが、美容エステ店でもメニューの1つとして提供している所があります。それぞれ、歯茎にプラスになる効果が得られるのか確認を行い、自分に合ったサービスを受けましょう。

歯石除去も歯茎にプラスとなる?

歯肉炎や歯周病の治療や予防目的で歯石除去をする場合、歯茎にもプラスの効果が得られるか気になるかもしれません。通常通り定期的な施術をしている人だけでなく、歯医者への通院を考えている人にもタメになる情報を提供します。上手に活かして、歯の健康増進に繋げましょう。

セルフケアも歯茎の健康増進を図る際に大切な作業の1つ

歯医者などで施術を受けるのも大切ですが、歯茎の健康を維持するためにはセルフケアも欠かせません。歯磨き粉やフッ素ジェルを用いたブラッシングだけでなく、歯間ブラシのような道具を用いたセルフケアも良い効果が見込めます。通院は必要ですが、セルフケアによる歯の健康に役立つ情報を提供します。

Page Top