歯科治療で歯茎にもプラスの効果が得られると歯の健康増進がより高まります!

歯茎の病気を放置すれば歯の健康でプラスにならないので注意

歯医者でホワイトニングを受ける

一般的に歯医者で行うホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素の漂白剤を用いて施術をします。これらの薬剤は、たとえ歯科医や衛生士でも専門の資格保持者でないと取り扱いができないのも見逃せません。使用する薬剤の濃度が高いうえ、歯の表面に付いた着色汚れがひどくても、短期間で症状改善が見込めます。

また、レーザーを用いて歯茎の黒ずみを除去する方法もあります。最初はピンク色の状態であっても、着色汚れや歯垢などが付着をして黒ずみが発生しているのが伺えます。重度でなければ数回の通院で色素を除去することが可能です。ただし、歯石除去をはじめ治療が必要な際は別途通院に掛かる期間を要します。

その他、ホワイトニングは被せ物やインプラントのような人工の歯をしている人は受けられない場合があります。各種不安や悩みがあるなら、歯科医や衛生士に相談してから治療を進めてください。

美容エステ店のホワイトニングも効果ある?

歯医者ではなく、美容エステ店でもセルフホワイトニングの方法でメニューを設けている所があります。

美容エステ店の場合、1回当たりの施術料金が高くないのがポイントです。また、エステのついでに受ける人もいるでしょう。自分で鏡を見ながら進めるので、人に見られるのに抵抗がある場合には頼れるサービスとなり得ます。また、学校で学んだ経験があるなら、少なからず施術のスキルがあるので歯の細かな部分もセルフホワイトニングで汚れ落としができる場合があります。

しかし、あくまでも美容エステ店は治療よりも美容目的が主であり医療行為はできないため、歯科医のような薬剤や機械を使えません。そのため、歯茎や歯の病気がある場合は症状改善まで期待できないでしょう。歯茎や歯の健康状態を見てもらうには、歯医者に通う方が適しています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top