歯科治療で歯茎にもプラスの効果が得られると歯の健康増進がより高まります!

歯石除去も歯茎にプラスとなる?

歯垢や歯石を侮らないで

毎日飲食をする際、着色や唾液などが蓄積されると歯垢や歯石として残ります。特に歯垢には億単位の細菌があるようです。放置をすることで菌の働きが活発になり、虫歯や歯周病などの原因となりかねません。重篤になれば神経系までやられてしまうので、歯がなくなる可能性も出ます。

歯垢が石灰化したものが歯石であり、歯の隙間から明確に見えます。そのうえ、口臭を発生させるので、接客や会話をする際に相手に不快感を与えやすくします。人によってはガムやタブレットの服用や歯磨きだけで充分と考えますが、その場限りの効果しか見込めません。

少なくても歯石の状態になれば、歯の健康面でマイナスなので歯医者で適切な治療を受けるようにしましょう。治療には時間を要しますが、定期健診だけで間に合う状態になれば大体3か月に1回の通院で済みます。

歯石除去を歯医者でする際の流れ

歯医者で行う歯石除去は、施術だけで終わりではないです。最初に、歯科医や衛生士が歯垢の付き具合や歯のぐらつきなどの状態を確認します。時にはレントゲンで検査を行い、神経系の細かい部分まで確認を行います。

検査を終えた後に軽度の状態であれば、スケーラーという歯石除去用の機械を用いて進めます。表面以外に裏側や奥歯もケアしてくれます。頑固な汚れがあれば、衛生士が手作業で削り除去をします。しかし、症状に合わせて通院頻度は多くなります。

施術を終えた後は、プラークコントロールという歯科医や衛生士による歯磨き指導や生活習慣のアドバイスを受けます。磨き方に問題があれば適切なアドバイスをしてもらえるので、大いに活かしましょう。また、健康に関する悩みや疑問にも的確に答えてくれます。

なお、定期検査のレベルなら1回あたりの治療費は大体3,000円となります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top